W House

女性(Woman)らしい家づくりをコンセプトに造られた住宅をご紹介いたします。

南道路に面する光あふれる住宅です。

白(White)を基調とし、挿し色を入れてメリハリをつけています。

まずは外観から、

一見、ワッと驚くような色使いにも思えます。

実際現地で本物をご覧いただけるとわかりますが、目線の高さにくるゲーテ塗りのピンクの色合いとホワイトのタイルが絶妙な風合いを醸し出し、また玄関のエンジ色がそれらを引き締める効果を持っています。

全体を通してみると、2階3階の外壁のホワイト色とのバランスに違和感があるかも知れませんが、現地ではスッーーーと受け入れやすいデザインとなっています。

玄関ホールは、階段の袖壁を一部取っ払い広々とした空間にしています。

また左手の壁にはニッチを設け、中にモザイクタイルを張り”かわいさ”を演出してみました。

水廻りはクロスを少し変えることで、明るく、また気持ちがHAPPYになるようなデザインをさせて頂いています。

あえて ” 無難 ” にとらわれず、テレビの背景になる壁も洗練された赤い色を挿しています。

奥様がキッチンでお料理をされながら、やる気がまい進することでしょう。

また温かい雰囲気を出すので、これから秋に向けて過ごしやすいお部屋になっています。

 

 

 

2013-09-10 | Posted in 福屋木材の施工事例Comments Closed 

関連記事